無料見積もり、無料建物診断 実施中!

Zeroブログ

30年培った職人がつぶやく、技術のコツと現場での日常

突風、台風によって建物に起きる不具合とは?

2024年01月20日
その他

皆さんいつもありがとうございます!
外壁塗装・屋根塗装、家の事ならなんでもお任せ
東京都練馬 株式会社Zeroです!

最近風の強い日も多いですが
建物はそんな時、あらぬダメージを負う事があります。

風によるダメージで雨漏りなどが起きることもあるのです。


 

  1. 屋根へのダメージ: 風速が非常に速い場合、屋根に強い風圧がかかります。
    これにより、屋根材がはがれたり、瓦が飛ばされたりすることがあります。
    これが発生すると、建物内部に水が漏れ込んだり、建物全体の安定性に影響を与える可能性があります。

  2. 窓ガラスの破損: 強風や飛来物によって窓ガラスが破損することがあります。これにより、
    雨水や風が建物内に侵入しやすくなります。また、窓ガラスの破損は建物内の圧力を変え、外部と内部の圧力差が問題を引き起こす可能性があります。

  3. 外壁の損傷: 風によって飛ばされた枝や他の物体が建物の外壁に当たると、
    外壁が損傷する可能性があります。これにより、絶縁材の露出や外部からの水の浸入が起こることがあります。

  4. 建物の浸水: 強風や大雨により、建物が浸水することがあります。
    これは通常、雨水が屋根や窓から侵入し、床や壁に損傷を与えることが原因です。

  5. 構造物の損傷: 台風などの自然災害により、
    建物の基礎や構造部分に損傷が生じる可能性があります。これには地盤の浸食や建物の揺れによる影響が含まれます。
     

これらの影響は、建物の構造や設計、使用されている材料によって異なります。地域の気象条件に応じて、
建物の設計や改修が行われることが重要です。また、建物所有者は適切なメンテナンスや予防策を取ることで、
突風や台風による被害を最小限に抑えることができます。

必ずしも雨漏りが起きると言うことではなく
屋根の瓦やスレートが剥がれたりすることにより、雨水の侵食を招く事があるのです。

それは外壁なども同様で普段シールドのように家を守る盾である部分が
なくなってしまうとダイレクトに内部に雨水が入ってきてしまうのです。

風の強い日の後は、外壁などを見て剥がれなどないかをチェックしてみましょう!

img
株式会社Zero

東京・練馬区にある屋根外壁塗装工事専門の「株式会社Zero」熟練した職人による自社施工のため、圧倒的クオリティファーストと相場よりも安い適切な料金設定を実現。お客様からの紹介やおすすめにより、広告を出さずに運営しております。

友だち追加